年下の男はますます図に乗り下着をずらし指を2本強引に入れてきたのです。私は心では逃げなくては思っても身体が動かないのです。じっくり私のあそこを味わうように指が出入りしています。

私は股をひろげ足を踏ん張りながらその男の欲望をしっかりと受け止めています。横目で私の顔を見ながらこれでもかと指を激しく出入りさせてきました。私はもうだめですあと1回、たった1回擦られたらイキます!

 

 →