さんざんあそこを吸われていましたが、落ち武者が妖怪のおじさんを引きはがし、ベトベトになったあそこをかき混ぜ、無言のまま私を突き刺したのです。



狭い密室に2人の妖怪と絡み合っています。下から激しく突き上げられ私の身体はゴムまりの様に弾んでいます。小さな妖怪のおじさんは後ろから私の乳を激しくしごいて、変形した乳を私に見せつけているのです。私は本物の妖怪達に犯されている様で気持ちの奥底にある被虐的欲望を満足させているのです。