私は鬼に苛まれているただの女になりました。胸を開けられ乳房を外に放り出されがさがさの鬼の手に翻弄されます。私の90cmEカップの乳はいいようになぶられ、乳首をつねられ、太い指で極限まで揉まれています。私は前日の子連れでは無いし、人も少なくもしくは私1人かもしれないので、思う存分いやらしくうわずった声を上げています。


鬼の手は一度引っ込み違う穴から出てきて私の浴衣を捲り上げ、股間をなぶりはじめました。鬼にあそこを弄られていると思うだけで凄く濡れていると思います。とうとう指を2本ほどぶち込まれました。尖った印象は無かったので入っている指の化粧は外してあると興奮している頭でも分かりました。ひょっして馴れている?いつもこんなことしている?疑問はすぐ強烈な快感に消えました。

時間帯を選んでよかった。貸し切りのような暗い通路上で鬼の腕に犯され「ずぼずぼ」と大きな音を上げさせられ、指が子宮をたたくたびに声を張り上げて「やめてやめて」「ゆるして」と自然に鬼役の男を興奮させようと、正体はマゾ女だと分かる様にいやらしいセリフを吐き続けています。